文化遺産オンライン

獅子

しし

作品概要

獅子

しし

金工 / 平安 / 和歌山県

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土

平安時代・12世紀

金銅製

1対

ともに前肢を揃えて臥す姿で、形状や制作技法的にみて一対のものとして作られたものであろう。両方とも口を大きく開いていて、後世の狛犬のように阿吽(あうん)に形式化していないところが注目される。毛筋を蹴彫(けりぼ)りで表し、一方の獅子の胴には斑点(はんてん)が刻まれている。

獅子をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Wakayama / 那智山 / 和歌山 / Heian

関連作品

チェックした関連作品の検索