蘆鵜図軸 ろうずじく

絵画 /  / 中国 

林良筆
制作地:中国
明時代・15~16世紀
絹本墨画
136.3×74.7
1幅
銘文:林良 ; 以善図書

林良【りんりょう】(字・以善)は南海(広東省)出身の宮廷画家で、水墨で自由闊達に描く花鳥画が高く評価されました。本図の、肥痩を強調した蟹の脚のような蘆の表現は、その巧みな筆さばきをよく伝えています。水戸徳川家第八代当主の正室・峰姫(1800~53)遺愛品。(植松氏執筆)(180417_t081)

作品所在地の地図

関連リンク

蘆鵜図軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図軸
山水図軸

王諤筆

四季花鳥図軸
四季花鳥図軸

呂紀筆

山水図軸
山水図軸

李在筆

観瀑図軸
観瀑図軸

陸い㬙筆

六祖截竹図軸
六祖截竹図軸

梁楷筆

ページトップへ