文化遺産オンライン

羅漢図軸

らかんずじく

作品概要

羅漢図軸

らかんずじく

絵画 / / / 中国

伝禅月筆

制作地:中国

元~明時代・14~15世紀

絹本墨画

111.4×52.0

1幅

禅月大師貫休(ぜんげつたいしかんきゅう)は五代の蜀(しょく)の画僧。怪異な風貌と豪放な筆致の羅漢図は、禅月様(ぜんげつよう)として知られてきました。この作品もそのような南宋から元へと描き継がれた水墨による禅月様羅漢図の一つです。同種の羅漢図が、現在諸家に分蔵されています。 (植松氏執筆)

羅漢図軸をもっと見る

伝禅月筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

羅漢 / / / 蔡山

関連作品

チェックした関連作品の検索