文化遺産オンライン

寒山拾得図

かんざんじっとくず

概要

寒山拾得図

かんざんじっとくず

絵画 / / 中国

伝因陀羅筆、慈覚賛

制作地:中国

元時代・14世紀

紙本墨画

各75.8×31.5

2幅

銘文:三昧正受

重要美術品

因陀羅【いんだら】は元代の画僧で、乾いた筆をこすりつけた頭髪表現と、抽象的で癖のある筆線が特徴です。その作品の多くは日本に現存します。本図は奇妙な笑みを浮かべ、芭蕉の葉に書付けする寒山と、巻物を手にする拾得を描きます。二人は唐代に天台山にいたという禅の聖者です。 (植松氏執筆)

寒山拾得図をもっと見る

伝因陀羅筆、慈覚賛をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

拾得 / / / 陀羅

関連作品

チェックした関連作品の検索