文化遺産オンライン

寒山拾得図

かんざんじっとくず

作品概要

寒山拾得図

かんざんじっとくず

絵画

藝愛筆

室町時代 16世紀

紙本墨画

右(寒山図):縦33.6 横18.4 左(拾得図):縦34.3 横18.4

2幅

左幅には崖下に立ち右手に筆をとる寒山を、右幅には背後を振り向き右手で岩上に墨をする拾得を描く。
その表現は、伸びやかな筆使いが特徴で、風を受ける袖や手繰られた袖などの着衣を、丸みを帯びたやや太い筆線で描く表現が注目される。
作者は、表現と印章から判断して、室町時代後期の16世紀前半から中葉に活躍した藝愛と考えられる。小品ではあるが、筆致と用墨をよくコントロールして、独特の形態感覚をもつ水墨画を描き上げる藝愛の特質をよく示す作品である。

寒山拾得図をもっと見る

藝愛筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

拾得 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索