文化遺産オンライン

寒山拾得図

かんざんじっとくず

作品概要

寒山拾得図

かんざんじっとくず

絵画 / 室町

伝周文筆 春屋宗園(1529~1611)賛

室町時代・15世紀

1幅

銘文:春屋宗園賛

重要文化財

寒山と拾得は中国・唐代の僧で、奇行が多く、文殊・普賢の化身と称された。その飄逸な姿を組み合わせて、中国ならびに日本で禅宗寺院所属の画僧がしばしば描いている。ふつう寒山は巻物を手にし、拾得は箒を持つ姿で描かれる。春屋宗園は千利休と親しく、大徳寺住持(111世)を務めた。(るび:ひょういつ がそう ほうき)

寒山拾得図をもっと見る

伝周文筆 春屋宗園(1529~1611)賛をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

拾得 / / / ざんじ

関連作品

チェックした関連作品の検索