紙本墨画寒山拾得図 しほんぼくがかんざんじっとくず

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 室町 / 関東 

伝 可翁
東京都
室町/14世紀
掛幅装,寸法 各88.7㎝×34.0㎝
2幅
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20170125
登録美術品

 本作品は,道釈人物画(どうしゃくじんぶつが)を多く遺す可翁(かおう)筆と伝えられる作品で,寒山(かんざん)と拾得(じっとく)を各幅に描く。
 可翁(生没年不詳)は14世紀前期~中期頃に活躍したと推定される画人で,我が国の初期水墨画を代表する存在である。その実体は不明で,禅僧・可翁宗然(かおうそうねん)であるという説や,名の一部に「賀」を用いる詫磨派(たくまは)の絵師であるとの説などがある。
 寒山・拾得は,中国の唐代に天台山国清寺に住んだ伝説の人物で,奇行に満ちた脱俗の人物として,禅宗の画僧(がそう)が好んで画題とした。
 本作は,崖下に立ち,手に広げた巻物に視線を落とす寒山と,樹下で横向きに立ち,爪の伸びた手を胸前で合わせる拾得を,各幅に墨のみで描く。拾得の足下,図右下には箒(ほうき)が立て掛けられている。可翁筆とされる寒山拾得図は複数知られるが,本作の拾得図は,国宝指定本やフーリア美術館所蔵本の寒山図と近似する図様である。
 寒山・拾得ともに敝衣蓬髪(へいいほうはつ)で,上衣の衣文線は濃墨で簡略に描かれ,腰蓑や樹木・崖は淡墨を用い,粗い筆致で描かれる。面貌は細線で描き,外暈(そとぐま)が施される。細い目元は怪異な印象を与える。また,「可翁」「仁賀」の朱文方印は,寒山図は図左下に,拾得図は図右下に捺(お)されている。
 本作品は,我が国の初期水墨画の作例として貴重であるとともに,実体の明瞭でない可翁を考える上でも重要な資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本墨画寒山拾得図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蜆子和尚図
蜆子和尚図

可翁仁賀筆

寒山拾得蝦蟇鉄拐図軸
寒山拾得図
寒山拾得図

藝愛筆

寒山拾得図
寒山拾得図

伝周文筆 春屋宗園(1529~1611)賛

寒山拾得図
寒山拾得図

伝顔輝筆

ページトップへ