銹絵寒山拾得図角皿 サビエカンサンジットクズカクザラ

その他の画像全11枚中11枚表示

陶磁 

1対
重要文化財

 寒山・拾得図を兄の尾形光琳が描き、そこに弟の乾山が詩文を賛した一対の角皿である。  型作り成形された正四方の形状で、縁は切立縁で、底部の周縁を面取りに仕上げている。総体に白泥による白化粧をし、鉄絵具や朱で人物や賛などを表している。二枚ともに見込周縁を界線で囲み、中ほどに人物図を描き、その左右に賛や銘文、落款を捺している。  本作のような光琳、乾山の合作は、これまでの研究から、宝永六年(一七〇九)から正徳六年(一七一六)までの間に作られたとされている。

作品所在地の地図

関連リンク

銹絵寒山拾得図角皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銹絵観鴎図角皿〈尾形乾山作/尾形光琳画〉
銹絵寒山拾得図角皿<BR/>尾形乾山作 尾形光琳画
銹絵観鷗図角皿
銹絵観鷗図角皿

尾形光琳・深省合作

銹絵葡萄図角皿
尾形光琳関係資料〈/小西家伝来〉
ページトップへ