銹絵観鷗図角皿 さびえかんおうずかくざら

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 江戸 

尾形光琳・深省合作
江戸時代・18世紀
陶製
高2.9 径22.2
1枚
銘文:「寂明光琳(花押)」 ; 「大日本国陶/者雍州乾山/陶隠深省製/于所居尚古斎」(銹絵銘)
重要文化財

尾形深省(おがたしんせい)(乾山(けんざん))は京都に生まれ、野々村仁清に陶芸をまなび、鳴滝(なるたき)に窯をひらいた。画家の光琳は兄である。この皿は、表に黄山谷(こうさんごく)(中国の宋代の詩人)がカモメを眺める様子を光琳が軽妙な筆致で描き、裏に乾山が銘文を記した兄弟合作である。(160119_h133)

作品所在地の地図

関連リンク

銹絵観鷗図角皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銹絵観鴎図角皿〈尾形乾山作/尾形光琳画〉
銹絵寒山拾得図角皿<BR/>尾形乾山作 尾形光琳画
色絵椿図香合
銹絵葡萄図角皿
銹絵寒山拾得図角皿
ページトップへ