文化遺産オンライン

色絵椿図香合

いろえつばきずこうごう

概要

色絵椿図香合

いろえつばきずこうごう

陶磁 / 江戸

乾山

江戸時代・18世紀

陶製

総高2.6 径7.5 底径7.7

1合

銘文:「乾山」緑彩銘

江戸時代を代表する絵師尾形光琳の弟尾形深省@しんせい@は、元禄12年(1699)に京都鳴滝@なるたき@に窯を開き、作品には「乾山@けんざん@」の銘を書き込みました。深省四十年程の作陶歴のなかで、この香合は初期鳴滝時代の作と推測されます。椿一輪を型抜きした細やかな色絵陶器です。

色絵椿図香合をもっと見る

乾山をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

乾山 / 尾形 / 光琳 / 鳴滝

関連作品

チェックした関連作品の検索