羅漢図 ラカンズ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 中国 

制作地:中国
2幅

二幅に頭光を有する九羅漢を描く。恐らくは元来、四幅一組の十六もしくは十八羅漢であったろう。羅漢の表情には元時代の威圧感が薄れ、時代の変化を感じさせる。周囲に松竹梅等の樹木・山や岩を配するが、岩の皴には刷毛ではいたような浙派系画家による作品かと思われる。左幅と類似の作品が大英博物館に所蔵されており、一つのひな形をもとに、同じ工房で多数制作されたようであるが、この時期の羅漢図で残るものは以外に少ない。

作品所在地の地図

関連リンク

羅漢図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

羅漢図  
羅漢図軸
羅漢図軸

蔡山筆

紙本墨画淡彩夏冬山水図〈雪村筆/〉
十六羅漢像(第一~第八)
羅漢図軸
羅漢図軸

伝禅月筆

ページトップへ