文化遺産オンライン

羅漢図軸

らかんずじく

作品概要

羅漢図軸

らかんずじく

絵画 / / 中国

蔡山筆

制作地:中国

元時代・14世紀

絹本墨画淡彩

113.3×53.9

1幅

銘文:蔡山 ; 奉三宝弟子右兵衛督源直義捨入

重要文化財

蔡山(さいざん)は、宗教画専門の元代の職業画家と考えられます。本図はもと十六幅からなる羅漢図の一で、痩せこけた顔や手足の表現には迫真性があり、墨色の濃淡の多様な変化によって、一種の不気味さをたたえた羅漢像を描き出しています。

羅漢図軸をもっと見る

蔡山筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

羅漢 / / / 蔡山

関連作品

チェックした関連作品の検索