羅漢図 らかんず

絵画 /  / 中国 

中国
南宋~元時代
絹本墨画
縦111.4㎝ 横52.0㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
重要文化財

羅漢とは悟りに達した修行者のこと。ことに禅宗において重視され、その画像も南宋末以降、おびただしく制作された。本作品は、唐末五代の禅月(ぜんげつ)大師貫休(かんきゅう)によって創始された、「胡貌梵相(こぼうぼんそう)」とも称される怪異な表現を持つ「禅月様(よう)羅漢」系統の一写本であるが、粗放な衣紋線にはことのほか古様な逸格水墨画の名残が色濃く、その制作は宋末元初にまでさかのぼるとみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

羅漢図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

羅漢図  
漁村夕照図
絹本墨画柳燕図
布袋図・朝陽図・対月図
布袋図・朝陽図・対月図

胡直夫筆 偃渓黄聞賛 無住子筆

蓮池水禽図
蓮池水禽図

伝顧徳謙筆

ページトップへ