如来および両脇侍立像

その他の画像全5枚中5枚表示

朝鮮・三国時代・6~7世紀
銅製鋳造鍍金
像高(中尊)28.1 (左脇侍)20.9 (右脇侍)20.6
3躯
重要文化財

一つの光背に三尊がおさまる形式、中尊の左手の形が鎌倉時代に流行した善光寺式阿弥陀三尊像と共通する。6~7世紀の作と見られるこの像は絶対の秘仏で姿がわからない善光寺本尊とよく似ている可能性がある。次のケースと2階3室に善光寺式の作例を展示中。

作品所在地の地図

関連リンク

如来および両脇侍立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀如来および両脇侍立像(善光寺式)
銅像阿弥陀如来及び両脇侍立像
銅造阿弥陀如来立像
阿弥陀如来倚像および両脇侍立像
阿弥陀如来立像 (善光寺式三尊像中尊)
ページトップへ