阿弥陀如来立像 (善光寺式三尊像中尊) あみだにょらいりゅうぞう ぜんこうじしきさんぞんぞうちゅうそん

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 鎌倉 

鎌倉時代・文永2年(1265)
銅造、鍍金
総高52.7 像高42.3
1躯
銘文:背面墨書銘「文永二乙丑八月十五日泉知寺」

長野・善光寺++ぜんこうじ++の阿弥陀三尊像は、飛鳥時代に、朝鮮半島の百済++くだら++国から日本にもたらされ、日本の阿弥陀如来像の根本になったといわれています。本像は、模刻された善光寺式三尊像のうち、中尊だけが残ったもの。背面に墨書銘があり、製作年と安置寺院名が知られる点が貴重です。

作品所在地の地図

関連リンク

阿弥陀如来立像 (善光寺式三尊像中尊)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀如来および両脇侍立像(善光寺式)
阿弥陀如来立像
銅造阿弥陀如来立像
如来および両脇侍立像
善光寺如来縁起絵
ページトップへ