文化遺産オンライン

青磁鳳凰唐草文輪花鉢

せいじほうおうからくさもんりんかはち

作品概要

青磁鳳凰唐草文輪花鉢

せいじほうおうからくさもんりんかはち

陶磁 / / 朝鮮半島

中国・耀州窯

出土地:伝朝鮮出土

北宋時代・11世紀

陶製

高7.3 口径15.7 底径4.4

1口

耀州窯では、北宋時代に片切彫りの文様を施した技巧的な青磁を量産しました。この鉢は酒注を温めたり、冷やしたりするための器と考えられます。薄づくりの胎に小気味よく文様を刻みつけた優品です。水注(TG-1247)とともに高麗古墓から出土したものと伝わっています。

青磁鳳凰唐草文輪花鉢をもっと見る

中国・耀州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

青磁 / 耀州 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索