文化遺産オンライン

旅人

たびびと

作品概要

旅人

たびびと

彫刻 / 大正

米原雲海作

大正3年(1914)

木造

総高49.1

1躯

銘文:雲海作

 米原雲海は島根県生まれ。東京美術学校では高村光雲から木彫、橋本雅邦から日本画を学んだ。刀技抜群であったといわれるが、洋風彫刻の技法習得にも熱心であった。明治40年(1907)に日本彫刻会を組織し、同年発足の文展にも数多くの秀作を発表している。

旅人をもっと見る

米原雲海作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

雲海 / 光雲 / 米原 / 高村

関連作品

チェックした関連作品の検索