Standing Kannon Bosatsu (Avalokitesvara)

Details

Standing Kannon Bosatsu (Avalokitesvara)

Sculpture / Meiji

By Morikawa Toen (1820-94)

Meiji era, 19th century

Sandalwood

総高13.0

1躯

Inscriptions:杜園和南拝刀

森川杜園は奈良の生まれ。一刀彫(いっとうぼ)りの技法による奈良人形の創始者。動物彫刻に巧みで、ことに鹿を数多くつくった。一方正倉院宝物をはじめ、奈良の古社寺にのこる仏像の摸造にも携わる。法隆寺の九面観音像などに抜群の彫技の冴えをうかがうことができる。(旧解説)

Related Works

Search items related to work chosen