文化遺産オンライン

観音菩薩立像

かんのんぼさつりゅうぞう

作品概要

観音菩薩立像

かんのんぼさつりゅうぞう

彫刻 / 明治

森川杜園作

明治時代・19世紀

白檀

総高13.0

1躯

銘文:杜園和南拝刀

森川杜園は奈良の生まれ。一刀彫(いっとうぼ)りの技法による奈良人形の創始者。動物彫刻に巧みで、ことに鹿を数多くつくった。一方正倉院宝物をはじめ、奈良の古社寺にのこる仏像の摸造にも携わる。法隆寺の九面観音像などに抜群の彫技の冴えをうかがうことができる。(旧解説)

観音菩薩立像をもっと見る

森川杜園作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 森川 / / 奈良

関連作品

チェックした関連作品の検索