文化遺産オンライン

牝牡鹿

めおじか

作品概要

牝牡鹿

めおじか

彫刻 / 明治

森川杜園作

明治25年(1892)

木造、彩色

(牝)56.0 長78.3/(牡)高148.7(角含む) 高102.1 長108.0

1対

銘文:明治二五年八月/奈良森川杜園造時年七十三

明治26年(1893)のシカゴ・コロンブス世界博覧会に出品された牝と牡の2躰の鹿。博覧会場では工芸館の日本展示場入り口の両脇に展示された。杜園は奈良一刀彫の祖ともいわれるが、このような大型で写実的な作品も残した。七十三歳の作品。(20160223_h18)

牝牡鹿をもっと見る

森川杜園作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 森川 / / Meiji

関連作品

チェックした関連作品の検索