文化遺産オンライン

うま

作品概要

うま

彫刻 / 明治

後藤貞行作

明治26年(1893)

木造

高111.5

1躯

銘文:明治二十六年九月/後藤貞行/作之

後藤貞行は軍馬局に勤めながら彫刻を学び、明治天皇所有の馬である金華山号の彫刻を制作した。明治23年(1890)には東京美術学校に転じ、高村光雲(たかむらこううん)による監督のもと、皇居前に建つ楠木正成(くすのきまさしげ)銅像の馬の原型制作たずさわった。写実を徹底するため馬の解剖も行なったという。(20060606_h18)(20131001_h18)  

をもっと見る

後藤貞行作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

光雲 / 高村 / 彫刻 /

関連作品

チェックした関連作品の検索