文化遺産オンライン

北廓月の夜桜

ほっかくつき よざくら

作品概要

北廓月の夜桜

ほっかくつき よざくら

絵画 / 江戸

歌川国貞(三代豊国)筆

江戸時代・19世紀

横大判 錦絵

1枚

吉原では、大門からのびる仲の町に3月3日の紋日にあわせて咲くように桜が毎年移植されました。樹の下に山吹も添えられ、これらは花が散ると片付けられました。夜桜見物で賑わう吉原、満月に照らされた桜には右側に陰がつけられています。人々の表情も面白いです。

北廓月の夜桜をもっと見る

歌川国貞(三代豊国)筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

吉原 / Yoshiwara / 豊国 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索