かたな

その他の画像全4枚中4枚表示

その他 / 安土・桃山 

肥前忠吉
安土桃山時代・慶長5年(1600)
1口
銘文:銘 肥前国忠吉/慶長五年八月吉日

初代肥前忠吉は、京都の埋(うめ)忠(ただ)明寿(みょうじゅ)のもとで修業したと伝え、のちに佐賀藩が奨励した刀剣製作の中心人物となった。この刀は、同工の最初期の作品で年紀があって資料的価値が高く、やや肌立った地(じ)鉄(がね)や匂(におい)口(くち)が締まりごころの刃(は)文(もん)など、後の作品と作風が相違する。(20180410_h132)

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀 銘 肥前國住藤原忠廣 寛永七年八月吉日
刀 銘肥前国忠吉
刀〈額銘来国光切付銘埋忠磨上之/〉
刀 銘 九州肥後同田貫上野介
太刀〈銘山城国西陣住人埋忠明寿(花押)/慶長三年八月日他江不可渡之〉
ページトップへ