Woman

Details

Woman

ceramics / Tang Dynasty / China

Place of production:China

Tang dynasty, 7th century

Painted earthenware

高38.5

1躯

肩や裾に鰭(ひれ)のような独特の装飾をもつ、舞踊用の衣裳を身につけた女性像。腕を曲げ、指をたてて、まるで拍子でもとっているかのようです。大きな輪の形に髪を結い上げた細身の女性は、初唐の俑の特徴であり、次第にふくよかな像へと変化してゆきます。

Search by Woman

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ China / Tang / かさい

Related Works

Search items related to work chosen