日金山眺望富士山図 ひがねさんちょうぼうふじさんず

絵画 / 江戸 

宋紫石筆
江戸時代・18世紀
絹本着色
46.3×109.6
1幅

 左端の大瀬崎から駿河湾を経て愛鷹山@あしたかやま@、富士山とその中腹に宝永山@ほうえいざん@、右に二子山@ふたごやま@。日金山(十国峠)から箱根越しに展望する景を立体的に表わしたものだ。自然な奥行きがすばらしい。宋紫石は、長崎から入った南蘋@なんぴん@派の新画風を江戸に広めた重要な画家。

作品所在地の地図

関連リンク

日金山眺望富士山図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日金山頂望富嶽図
日金山頂望富嶽図

広瀬台山筆

十国峠(日金山)
寒梅綬帯鳥図
寒梅綬帯鳥図

宋紫石筆

葡萄図
葡萄図

宋紫石筆

絹本著色竹塘宿雁図
ページトップへ