文化遺産オンライン

日金山眺望富士山図

ひがねさんちょうぼうふじさんず

作品概要

日金山眺望富士山図

ひがねさんちょうぼうふじさんず

絵画 / 江戸

宋紫石筆

江戸時代・18世紀

絹本着色

46.3×109.6

1幅

 左端の大瀬崎から駿河湾を経て愛鷹山@あしたかやま@、富士山とその中腹に宝永山@ほうえいざん@、右に二子山@ふたごやま@。日金山(十国峠)から箱根越しに展望する景を立体的に表わしたものだ。自然な奥行きがすばらしい。宋紫石は、長崎から入った南蘋@なんぴん@派の新画風を江戸に広めた重要な画家。

日金山眺望富士山図をもっと見る

宋紫石筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 日金山 / 長崎

関連作品

チェックした関連作品の検索