日金山頂望富嶽図 ひがねやまよりふがくをのぞむのず

絵画 / 江戸 

広瀬台山筆
江戸時代・寛政11年(1799)
絹本着色
30.7×90.0
1幅

広瀬台山は津山藩士の子として大坂に生まれました。のち江戸詰となり、松平定信、谷文晁など大名や文人たちと交わるようになります。日金山(十国峠)から、富士山を中心に、駿河湾から相模湾までの東西ほぼ180度を細線を重ねた描写で描いています。

作品所在地の地図

関連リンク

日金山頂望富嶽図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日金山眺望富士山図
八仙人図
八仙人図

谷文晁

近世名家肖像図巻
近世名家肖像図巻

伝谷文晁筆

彦山真景図
彦山真景図

谷文晁筆

十国峠(日金山)
ページトップへ