百合に猫図

絵画  東洋画(日本画を除く) / 日本 

増山雪斎 (1754-1819)
ましやませっさい
制作年不詳
絹本墨画着色
102.6×32.7
軸装

 江戸時代の中ごろ、長崎に来朝した中国人画家・沈南蘋(しんなんぴん)は、鮮やかな色彩と写実的表現で多くの日本人の心をとらえた。その滞在は二年足らずであったにもかかわらず、南蘋の画風は、長崎はもちろん、上方、江戸にまで広まり、各地の画家たちに多大な影響を与えた。伊勢長島藩主・増山雪斉による本作も、華麗な色彩と写実的な形態把握に南蘋の影響がうかがえる。大名という立場上、雪斉が、当時流行していた南蘋風の作品を目にする機会は多かったに違いない。さらに、家臣の春木南湖を長崎に遊学させていることから、南湖が雪斉に南蘋画風の手ほどきをした可能性も高い。ところで、南蘋あるいは南蘋派の特色のひとつに吉祥画が多い点があげられる。本図中に描かれた百合、猫、岩にはすべて長寿の寓意があり、モチーフにも南蘋の影響をみることができるといえよう。(道田美貴)

作品所在地の地図

関連リンク

百合に猫図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

孔雀図
孔雀図

増山雪斎

花鳥図
花鳥図

増山雪斎

海棠白頭翁・萱草百合図
雁図
雁図

増山雪斎

一路功名図
一路功名図

熊斐筆

ページトップへ