文化遺産オンライン

洲浜牡丹双鳥鏡

すはまぼたんそうちょうきょう

作品概要

洲浜牡丹双鳥鏡

すはまぼたんそうちょうきょう

金工 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

銅鋳造

1面

 洲浜に咲きほこる大輪の牡丹を右から左に鏡背面いっぱいに表し、その上方に蝶を、下方には2羽の尾長鳥を配している。牡丹蝶鳥文様の鏡は平安時代の末にあらわれたが、大形で鏡胎が厚く、文様の肉取りが豊かな本鏡は、鎌倉時代の特色をよく示している。 

洲浜牡丹双鳥鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 洲浜 / 文様

関連作品

チェックした関連作品の検索