州浜牡丹蝶鳥鏡 スハマボタンチョウチョウキョウ

金工 

径:18.9cm 縁高:0.4cm 縁幅:0.4cm
1面

本鏡と牡丹の花・葉、双鳥など細部表現の特徴が全く同じで、同一工人の手になる鏡が鹿児島県新田神社に伝来する(広瀬都巽1938)。同鏡は「左衛門尉友俊 永仁二年(1294)三月十八日 施入之」の針書銘があり、鳥の羽根などの鋭い箆押しから見て、伝世を考慮しても十三世紀後葉の年代はほぼ動かない。本鏡も同時期の製作であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

州浜牡丹蝶鳥鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊花双鳥鏡
蓬莱鏡
瑞花双鳥鏡
洲浜柳樹双鳥鏡
鱗地双鳥鏡
ページトップへ