鱗地双鳥鏡 ウロコジソウチョウキョウ

画像の利用条件等に関しては、登録館へお問い合わせください。

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 

径:11.3cm 縁高:0.6cm 縁幅:0.3cm
1面

これは鱗文と呼ばれ、和歌山県丹生郡比売神社に奉納された獅子造鱗文兵庫鎖太刀(鎌倉時代)を早い例に、近世まで盛んに用いられた。E甲17-84に見た外区鋸歯文の外側の珠文が文様化し、内側も鋸歯文+珠文の組み合わせとなる。E甲17-76・E甲17-84に後続する十四世紀後半の製作。なお同一圏帯の事例に、法隆寺西円堂奉納の応永二十四年(1417)墨書銘の檜垣松藤双鳥鏡があるが(広瀬都巽1938)、若干の伝世を考慮すべきか。

作品所在地の地図

関連リンク

鱗地双鳥鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草花双鳥鏡
洲浜柳樹双鳥鏡
菊花流水双鳥鏡
荒磯松双鳥鏡
蓬莱鏡
ページトップへ