Case ("Inrō") with a Rooster and Hen

Details

Case ("Inrō") with a Rooster and Hen

lacquer work / Edo

底裏金蒔銘「桃葉(花押)」

Edo period, 19th century

Lacquered wood with [maki-e]

縦8.2_横6.0

1個

銘文:底裏金蒔銘「桃葉(花押)」

 印籠は薬を入れて腰に提げる小さな容器。江戸時代中頃以降は実用品というより、装身具(アクセサリー)として用いられることが多かった。印籠には動物の文様がしばしば見られ、特に鶏は蒔絵・螺鈿・七宝など各種技法を用いた例が見い出される。

Related Works

Search items related to work chosen