文化遺産オンライン

柳燕図

ヤナギニツバメズ

作品概要

柳燕図

ヤナギニツバメズ

絵画

縦:34.8cm 横:52.8cm

1幅

英一蝶(1652~1724)は、元禄時代、ある罪を蒙り、三宅島に流された。一蝶と名のるのも、風俗画家として著名になるのも、赦免後、江戸に帰ってからのこと。 本図は配流以前の作品で、柳と燕を流麗な筆致で捉えている佳作。一蝶はその頃、多賀朝湖と称しており、本図にも「朝潮」の落款と「藤原氏」の印が備わる。

柳燕図をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 画家

関連作品

チェックした関連作品の検索