脇指 わきざし

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 南北朝 

長船盛景
南北朝時代・貞治4年(1365)
1口
銘文:銘 備州長船住盛景/貞治二二年八月日

備前鍛冶の盛景は、古来「大宮派」といわれ、京・大宮の地から備前の地へ移住したとされていたが、近年では近景、義景、盛景とつながる長船派の傍系と考えられている。この脇指は、大振りの姿が南北朝時代の特徴を示し、のたれ刃に互の目を交えた刃文が正系の兼光に似る。 るび びぜん ちかかげ よしかげ おさふねは ぐ(の)め はもん(20180410_h132)

作品所在地の地図

関連リンク

脇指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

脇指
脇指

長船宗光

太刀
太刀

備前元重

太刀〈銘備州長船住景光/元亨二年□月日〉
短刀
短刀

長船長義

太刀〈銘備前国長船住左兵衛尉景光、作者進士三郎景政、嘉暦二二年已巳七月日/〉
ページトップへ