母子 ぼし

明治 

黒田清輝筆
明治30年(1897)
カンバス・油彩
36.6×29.0
1面

明治29~30(1896~97)年は黒田にとって多事な年であったが、制作の量も多かった。年頭から度々旅先で写生し、帰京すると大作を手がけている。この作品もおそらく旅行中に描かれたものと思われる。色調は暖かく、筆触は確信的で生気がある。第2回白馬会展に出品された。

作品所在地の地図

関連リンク

母子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

母子
母子

黒田清輝

椅子によりて
椅子によりて

北蓮蔵筆

湖畔
湖畔

黒田清輝

霧(裸婦)
霧(裸婦)

中沢弘光筆

犬

黒田清輝筆

ページトップへ