いぬ

明治 

黒田清輝筆
明治30年(1897)
板・油彩
23.0×32.2
1面

画面左下には1897年5月10日の日付が記されている。前年の東京美術学校講師就任や白馬会結成を経て、黒田はこの頃から来客や外出、会合等で多忙を極めていた。そうした煩瑣な俗事の合間に描かれた本作品は、小品ながら的確な筆致で可憐な情趣をもっている。

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

犬

黒田清輝

霧(裸婦)
霧(裸婦)

中沢弘光筆

春畝〈浅井 忠筆 一八八八年/油絵 麻布〉
母子
母子

黒田清輝筆

湖畔〈黒田清輝筆 一八九七年/油絵 麻布〉
ページトップへ