賢劫経巻第一(光覚願経) ケンゴウキョウカンダイ1(コウカクガンキョウ)

その他の画像全2枚中2枚表示

奈良 

制作地:日本
奈良
紙本墨書
縦 54.5 cm 横 285 cm
1巻
銘文:天平宝字五年十月三日光覚願経 光覚の願文あり
重美

天平宝字五年(761)、僧光覚(こうかく)が、多くの信者(知識)から浄財を集めて書写した一切経の零巻。奥書に「奉為皇帝后」とあり、淳仁天皇および同天后のために書写せしめられたものであることが知られる。料紙は、黄麻紙を用いるが、繊維の叩解(こうがい)が不十分な上、厚さもきわめて薄い粗野なものである。また、書風も整ったものとはいえず、当時の知識経の一つのあり方を示すものとして興味深い。巻首を欠損する。

作品所在地の地図

関連リンク

賢劫経巻第一(光覚願経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

説一切有部発智大毘婆沙論巻第百十六(光覚願経)
大威徳陀羅尼経巻第十五(光明皇后御願経・五月一日経)
小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
持心梵天経巻第四(光明皇后御願経・五月一日経重跋本)
虚空孕菩薩経巻下(光明皇后御願経・五月一日経)
ページトップへ