文化遺産オンライン

森の中

もり なか

作品概要

森の中

もり なか

明治

黒田清輝筆

明治43年(1910)

紙・パステル

40.2×15.1

1面

明治43(1910)年、白馬会の最後の展覧会となった第13回展に、油彩画11点とともに出品されたパステル画3点のうちのひとつである。小品ながら生新な自然の香気を感じさせる佳品として、当時の評家からも好評を得た。門弟田中良が愛蔵していた。

森の中をもっと見る

黒田清輝筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

黒田 / 白馬 / 出品 / 洋画

関連作品

チェックした関連作品の検索