管玉 くだだま

考古資料 / 縄文 / 茨城県 

出土地:伝茨城県かすみがうら市安食平出土
4000年前~3000年前 縄文時代
石製
直径2.2 長4.3 重量32.0g
1点

縄文時代後期の東日本を中心に分布する翡翠製の管玉。翡翠は、新潟県糸魚川産と推定される。ずんぐりとした円柱形で、器体長軸方向に一方から施された太めの穿孔が特徴的である。大珠の一類型として緒締型に分類されることもある。

作品所在地の地図

関連リンク

管玉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大珠
翡翠原石
玉斧
腰飾
火焰型土器
ページトップへ