三彩有蓋壺 さんさいゆうがいこ

その他の画像全14枚中14枚表示

考古資料 / 奈良 / 大阪府 

出土地:大阪府茨木市安威出土
奈良時代・8世紀
陶製
1合
重要文化財

この壺は明治時代に方形の石櫃に納められて出土した骨壺です。蓋・身ともに外面に緑・褐・白の三彩釉をかけていますが、風化のため釉が著しく剥落しています。奈良三彩の壺としては最も早い時期の優品で、高貴な人物のために使用されたと考えられます。(20110712_平・考)

作品所在地の地図

関連リンク

三彩有蓋壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石櫃
三彩釉骨壺
三彩陶器 蓋付壺(骨蔵器)
白釉有蓋壺
白釉有蓋壺
ページトップへ