広形銅矛 ひろがたどうほこ

考古資料 / 弥生 / 長崎県 

出土地:長崎県対馬市上県町佐護クビル出土
弥生時代(後期)・1~3世紀
青銅製
長88.7 関幅12.4 身幅11.4 節帯長5.7 重量3182g
1本

 この作品は、弥生時代後期に北部九州に分布する広形銅矛です。矛は本来、身に長い柄を差し込んで鋭い刃でつきさすための武器でした。しかし、この矛はどうでしょう。柄を差し込むための穴は土でふさがれており、刃の部分も研がれていません。そもそも88.7cmという大きさの割に身は薄くへん平なため武器としてではなく祭りの道具として作られたものなのです。
 銅矛は、銅鐸、銅剣、銅戈(どうか)とともに、弥生時代を代表する青銅器です。これらはひろく西日本に展開します。中でも銅矛、銅剣、銅戈は「武器形祭器」、つまり武器の形をした祭りの道具とよばれています。いずれも朝鮮半島からの伝来当初は細身で小さく、本来の武器の機能を備えていましたが、日本列島では時期が降るとともに薄くへん平で大型化していき、独自の変化を遂げました。

作品所在地の地図

関連リンク

広形銅矛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平形銅剣
銅矛 福岡県重留遺跡第二地点一号竪穴住居跡出土
中細形鉛矛
中細形銅戈
中細形銅戈

出土地不詳

中広形銅矛
ページトップへ