田代念佛剣舞 たしろねんぶつけんばい

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 

岩手県指定
指定年月日:20201113
無形民俗文化財

盛岡周辺の剣舞は少なくとも寛政年間まで遡ることができ、なかでも田代念佛剣舞は儀礼及び踊り・演目が休止されることなく維持され、明治以降は田代から踊りが伝授されるなど古式を残していると言える。
また、田代念仏剣舞が長期に存続したことから、その芸態や儀式の形式が閉伊川沿いの地域の高舘念仏剣舞に影響を与えていることが考えられる。とくに大ケ生高舘剣舞との関わりから、旧川井村周辺のみならず、盛岡市近郊の念仏剣舞の変遷を知るうえで、田代念仏剣舞は重要な存在である。加えて、花笠をかぶるのは田代剣舞のみで、今後の調査研究課題とはなるが、花笠は大念仏系の大笠の名残とも推察される。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

田代念佛剣舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

永井の大念仏剣舞
鬼剣舞
永井の大念仏
犬吠森念仏剣舞
百村の百堂念仏舞
ページトップへ