檜図屏風 ひのきずびょうぶ

絵画 / 安土・桃山 

狩野永徳筆
安土桃山時代・天正18年(1590)
紙本金地着色
各 縦170.0 横230.4
4曲1双
国宝

檜の大樹が幹をうねらせ、大枝を振りかざす豪放な形態と濃密な色彩は、当時の美意識を余すところなく体現している。天正18年(1590)に落成した八条宮(後の桂宮家)邸を飾った襖絵であったとされ、永徳の最晩年作と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

檜図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松鷹図屏風
松鷹図屏風

(伝)狩野永徳

紙本金地著色四季花鳥図〈狩野宗秀筆/六曲屏風〉
紙本墨画仙人高士図〈/六曲屏風〉
紙本金地著色洛中洛外図〈狩野永徳筆/六曲屏風〉
松鷹図屏風
松鷹図屏風

(伝)狩野永徳

ページトップへ