紙本金地著色洛中洛外図 しほんきんじちゃくしょくらくちゅうらくがいず

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 室町 / 日本 

狩野永徳 (天文12-天正18)
かのうえいとく
桃山時代/1543-1590
紙本、屏風、膠彩画
160.4×365.2
六曲一双
山形県米沢市
米沢市
国宝

本屏風は、室町時代後期に描かれた初期洛中洛外の一つでありながら、保存状態がよく、画面は豪華に、そして細やかに描かれています。画中の人物は細かいながらも破綻なく描かれており、画面バランスのよさは絵師の技量の高さを物語っています。
織田信長が天正二年(1574)上杉謙信に贈ったと言われ、永く旧米沢藩主上杉家で大切に保存されてきました。「上杉本」と呼ばれる所以です。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本金地著色洛中洛外図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本金地著色洛中洛外図〈狩野永徳筆/六曲屏風〉
紙本金地著色洛中洛外図(岩佐勝以筆/六曲屏風)
洛中洛外図屏風
洛中洛外図屏風(二条城)
紙本金地著色洛中洛外図〈/六曲屏風〉
ページトップへ