文化遺産オンライン

ガネーシャ坐像

がねーしゃざぞう

作品概要

ガネーシャ坐像

がねーしゃざぞう

彫刻 / その他アジア

制作地:カンボジア・ブッダのテラス北側

アンコール時代・12~13世紀

砂岩

高51.5

1躯

象の頭に人間のからだを持つガネーシャはヒンドゥー教のシヴァ神の子。太鼓腹にあらわし、富と知恵、そしてあらゆる障害を除く神として信仰を集めました。カンボジアには象が生息するため鼻や耳などが写実的に彫刻されています。(東洋館130102_t11)

ガネーシャ坐像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索