文化遺産オンライン

観音正寺手水舎

かんのんしょうじてみずしゃ

作品概要

観音正寺手水舎

かんのんしょうじてみずしゃ

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿

滋賀県

昭和前/1928

木造、銅板葺、面積1.5㎡

1棟

滋賀県近江八幡市安土町石寺字繖山2

登録年月日:20211014

登録有形文化財(建造物)

繖山に所在する札所寺院の手水舎。書院庭門の北に建つ南北棟で西面する。切妻造銅板葺、石製控柱を添えた本柱二本を虹梁で繋ぎ、控柱を添えた肘木で腕木を支え、腕木は桁を受ける。本柱上に平三斗、虹梁中央に蟇股を置く。巡礼寺院の歴史的景観を整える。

観音正寺手水舎をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 手水 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索