文化遺産オンライン

観音正寺鐘堂

かんのんしょうじしょうどう

作品概要

観音正寺鐘堂

かんのんしょうじしょうどう

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿

滋賀県

昭和前/1928

木造、瓦葺、面積10㎡

1棟

滋賀県近江八幡市安土町石寺字繖山2

登録年月日:20211014

登録有形文化財(建造物)

繖山に所在する古刹の鐘堂。境内南端に位置する。切妻造本瓦葺、方一間八角柱内転びの鐘楼で、各間二本の角柱の間柱を立て、本柱と間柱を腰貫と二本の飛貫で連結する。両妻虹梁上に大瓶束をのせ、内側に虹梁を架け渡し鐘を吊る。延暦寺鐘楼と共通する構造。

観音正寺鐘堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 鐘楼 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索