Two Women Preparing Sashimi

Details

Two Women Preparing Sashimi

Paintings / Edo

By Kitagawa Utamaro (1753?-1806)

Edo period, 18th century

大判 錦絵

1枚

江戸っ子は、鰹を好んだ。特に歌麿が活躍した頃には、人々は競って青葉が美しくなる時期の初鰹を求め、刺身にからしや大根おろしを合わせて食べた。この図の大皿に盛られている刺身は鰹だろう。魚の背の皮は、雲母が用いられて光っている。(20070508_h102)

Related Works

Search items related to work chosen