文化遺産オンライン

《鳥之画》

作品概要

《鳥之画》

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 江戸

江戸時代・18世紀

紙本着色

28.0×21.1

1帖

 草創期の博物館の職員であった田中房種(1830~1913)が、作製・収集した博物図のコレクションのうち。メジロ以下の鳥類47種を収録し、図の余白に名称や説明を加えており、江戸時代中期の制作になる。蔵書印より旗本の大久保忠寄(酉山)の旧蔵書と考えられる。

《鳥之画》をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

博物 / / 市立 /

関連作品

チェックした関連作品の検索