草花文紅安南茶碗 そうかもんべにあんなんちゃわん

陶磁  工芸 /

16-17世紀
高8.9 口径13.3
一口
重美

 胎土はキメ細かく、伸び伸びとした端反りの碗形である。地薬は白く、外廻りは赤・緑・藍で菊唐草文を描き、下部を星点文で飾っている。内部は見込に大きく蛇の目をつくり、中央に赤で大きく「寿」字を書き、外部を同じく星点をめぐらし、その間に花文を描いている。万暦五彩の影響が窺われる作行きである。高台内には、他の安南茶碗と同様に渋薬が塗られている。

作品所在地の地図

関連リンク

草花文紅安南茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵鱗波文茶碗〈仁清作/〉
色絵紅葉流水文皿
玳玻天目茶碗
雲龍文存星輪花食龍
黒楽茶碗(俊寛)〈長次郎作/〉
ページトップへ