文化遺産オンライン

独釣図軸

どくちょうずじく

作品概要

独釣図軸

どくちょうずじく

絵画 / 朝鮮半島

伝姜希孟筆

制作地:朝鮮

朝鮮時代・15~16世紀

紙本墨画

132.0×86.0

1幅

姜希孟(きょうきもう)(号・雲松居士)は、希顔の弟です。世宗(せそう)時代(1418~50)に活躍した文人官僚で、書画もよくしました。本図にはその題があり、姜希孟筆として伝わってきました。粗放な筆致を特徴とする中国の明代絵画の影響が強くみられます。

独釣図軸をもっと見る

伝姜希孟筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 朝鮮 / 文人

関連作品

チェックした関連作品の検索