文化遺産オンライン

三彩梅花文壺

さんさいばいかもんつぼ

作品概要

三彩梅花文壺

さんさいばいかもんつぼ

陶磁 / / 中国

制作地:中国

唐時代・8世紀

陶製

総高24.2 口径12.3 底径10.7

1口

胴部が球のようにゆったりと張り出したこの丸い形の壺は、俗に万年壺(まんねんこ)と呼ばれます。被葬者の食料を入れるための容器と考えられています。精製された素地に白化粧をし、そこに緑、褐、藍釉をもちいて、複雑で華麗な文様が施されています。

三彩梅花文壺をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

三彩 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索